おねえさんとなつやすみ ( ネタバレ ) もぅ 20年以上の話しになるだろうか

おねえさんとなつやすみ
( ネタバレ )

もぅ 20年以上の話しになるだろうか

 

【おねえさんとなつやすみ】
作者・リリックボックス

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます!!
↓↓クリック↓↓

【おねえさんとなつやすみ】のネタバレ・あらすじ

 

今でも あの夏の事を思い出す主人公の少年は大人になり懐かしく思い出に浸っていました。

 

蝉の鳴き声がうるさく目に入るのは田園と遠くで霞んで見える山々ばかり、道並みには立木も多くむせ返す様な緑の匂いがそこら中に溢れかえっていました。

当時は少年の僕の両親は飲食店を経営の仕事をしていた為 夏休み中の間は実家の祖父母の元に預けれるのが毎年の恒例になっていました。

 

そこで少年の僕はお姉さんと出会いました。

夏季だったのでお姉さんの洋服はデコルテから胸元が肌を露出していた服装で僕に挨拶をしてくれました。

緊張で硬直していた僕に気を使ってくれて僕の目線に合わせて腰を屈めてくれたお姉さん柔和な微笑みを浮かべながら気さくに声をかけてくれてフト視線を上げるとお姉さんの胸元が視界に飛び込んできました。

 

 

間近に迫る瑞々しい肌の質感に心臓がドクンと高鳴るのが分かりました。

 

お姉さんは僕にどうしたのと言い僕はあまりの距離の近さにドキッとしてしまい息が触れそうな間近で首を傾げるお姉さんに胸の高鳴りは増す一方でした。

 

脱衣室の隙間から下着姿のお姉さんを観て少年に初めて芽生えた女性の身体への興味で優しく妖しいお姉さんの微笑みに導かれていきます。

 

お姉さんの胸を触れさせてもらって、夢の様な最高の精通でお姉さんの膝に横たわり僕の顔が紅潮した僕の童貞の喪失して夜になると僕の部屋にお姉さんが来て少年の僕にエッチな事を教わりお姉さんの胸で甘えさせてくれたり!!!

 

 

僕のチ○ポを胸に挟んでお姉さんが気持ち良くしてくれたり僕にとっては衝撃で、夏休み中の外では虫カゴと虫取り網さえあれば満足だった僕の夏休みはお姉さんの出会いによって変わっていきお姉さんと夏の思い出は初体験( エッチ )をしました。

【おねえさんとなつやすみ】
作者・リリックボックス

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます!!
↓↓クリック↓↓